img_02

夏バテ・熱中症の予防には水素水を飲もう!

夏バテでは夏の暑さによって疲労感や倦怠感、食欲不振などの症状があらわれますが、こうした夏バテの症状は、主に夏の暑さによって体温調節を担う自律神経の働きが極度に低下するためと考えられています。


また、夏になると発汗量も増えて体温調節に重要な水分が不足気味になるので、体内に熱がこもって体温が上昇します。


すると、めまいや頭痛、倦怠感などの熱中症の症状が生じ、ひどくなると熱けいれんや呼吸困難が起こって生命の危機に晒されるので、夏場の水分補給はこまめに行なうことが重要といえます。

こうした夏バテや熱中症の予防のための水分補給には水素水がお勧めです。
夏は日差しが強い日が続きますが、強い日差しには当然多くの紫外線が含まれています。



紫外線を多く浴びると、人間の体内には活性酸素が大量につくられますが、体内で活性酸素が過剰になると活性酸素は健康な細胞にダメージを与える悪玉活性酸素に変化します。

悪玉活性酸素は全身の細胞にダメージを与えるので、細胞の代謝機能が衰えてエネルギーの合成がスムーズにいかずに疲労感や倦怠感が生じるとともに、自律神経を構成する神経細胞の機能が低下して自律神経の機能が不安定になりやすくなるため、夏バテの症状が顕著にあらわれやすくなるのです。

エキサイトニュースについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

これに対し、高濃度の水素が溶け込んでいる水素水を飲むと、体内に水分と一緒にたくさんの水素が取り込まれます。


水素は毛細血管から取り込まれて血流に乗って全身の細胞に運ばれ、活性酸素と結びつきます。


すると、活性酸素は水(H2O)となって排出されるので、水素水を飲めば、水分補給をしながら悪玉活性酸素を減らし、夏バテや熱中症を予防する効果が期待できるというわけです。

水素水のいろいろな情報を集めました。

なお、外出先での水分補給は、持ち運びに便利でいつも高濃度の水素水を飲める携帯ボトルタイプの水素水サーバーが便利なので、特に夏の炎天下で作業をすることが多いという方にお勧めです。